本文へ移動

10月からアルコールチェックが義務化

アルコールチェックの義務化が延期されました

警視庁より、22年10月より施行予定だった「運転手のアルコール検知器での確認義務化」を延期とする発表がありました。

〇背景
最近のアルコール検知器の供給状況を考慮したため
(10月に合わせたアルコール検知器の供給が間に合わなかったため)

〇今後
22年10月での施行が延期されただけであり、いずれは義務化とする流れにあるので、今のうちにアルコール検知器の準備、および安全運転管理者の選定などの準備をしておくことを推奨します。

中川では、アルコール検知器の取り扱いをしておりますので、お気軽にご相談ください

飲酒のチェックしていますか?

飲酒運転禁止
アルコールチェック義務化に該当する企業
 乗車定員が11人以上の白ナンバー車1台以上を保持、または
 白ナンバー車5台以上を保持する企業
 
2022年4月1日での義務化
・運転前後の運転者の状態を目視等で確認することにより、運
   転者の酒気帯びの有無を確認すること
・酒気帯びの有無について記録し、記録を1年間保存すること

2022年10月1日での義務化
・運転者の酒気帯びの有無の確認を、アルコール検知器を用い
 て行うこと
・アルコール検知器を常時有効に保持すること
----------------------------------------------------------------
義務化に向けて何の準備が必要?
・車を使用する事業所ごとに「安全運転管理者」を選出
アルコール検知器の準備
・酒気帯びの有無について記録し、記録を1年間保存すること

 


各種チラシのダウンロード

※PDFファイルの閲覧には、 Adobe Reader のインストールが必要です。
詳しくはAdobe Reader のダウンロードページ(外部リンク)をご覧ください。
 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 0572-25-4511
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
TOPへ戻る